大正ひとつぶの安全性と副作用を徹底解説!

『血圧が高めの方のタブレット』は、血圧対策をサポートしてくれる機能性表示食品です。この製品に含まれている「ヒハツ由来ピペリン」は、血圧の改善へと導くだけではなく、正常な血圧の維持に役立つことが報告されているんです。

タブレットを食べることで手軽に血圧対策ができるのは魅力的だけど、副作用が起きないか心配ですよね。

血圧が高めの方のタブレットは、医薬品の製造を行う「大正製薬」の製品であり、機能性表示食品だから信頼性が高いです!

この記事では、血圧が高めの方のタブレットの成分や安全性、副作用や飲む際の注意点などを徹底解説します。製品に関する詳しい情報を知り、安心して血圧対策をスタートしましょう。

大正製薬『血圧が高めの方のタブレット』の安全性

血圧が高めの方のタブレットは、安全性と信頼性が高いです。ここでは、その理由について詳しく解説します。

機能性表示食品だから信頼性が高い

機能性表示食品とは、特定の保険の目的が期待できるという食品の機能性を表示することができる食品です。この機能性表示食品は、安全性の確保を前提としています。また、科学的な根拠に基づいた機能性が表示されます。

機能性表示食品の商品は、販売前に安全性や機能性に関する情報などが消費者庁に届けられます。つまり、安全性を確認できるデータがしっかり存在しているので、機能性表示食品は一般の食品と比べると、安全性や信頼性が高いんです!

消費者庁に届けられている『血圧が高めの方のタブレット』の情報は、消費者庁のHPで確認することができますよ。

消費者庁の血圧が高めの方のタブレットに関するページ

大正製薬の品質管理

血圧が高めの方のタブレットは、大正製薬によって製造・販売されています。大正製薬では、健康食品を含む全ての商品に対して、医薬品の製造と同等の厳しい品質管理を行っているんです!

信頼できる原材料のみを使用し、厳しい基準をクリアした環境で製造されます。さらに、様々な検査を何度も行い、品質を認められた商品のみが販売されるんです。

血圧が高めの方のタブレットも、大正製薬の厳しい品質管理によって生まれた商品ですので、安心して摂取することができますね。

『血圧が高めの方のタブレット』の成分とは?徹底解説します!

血圧が高めの方のタブレットには、血圧の改善に嬉しい「ヒハツ由来ピペリン」をはじめ、様々な成分が含まれています。ここでは、商品情報や一つ一つの成分について詳しく解説します。

血圧が高めの方のタブレットの摂取目安量などを知ることで、より安全に摂取することができます。

 

『血圧が高めの方のタブレット』の成分・原材料

大正ひとつぶに含まれている成分や原材料について解説していきますね。

ヒハツ由来ピペリン

血圧が高めの方のタブレットの成分の中で、血圧対策をサポートしてくれるのが「ヒハツ由来ピペリン」

ヒハツとは、香辛料として利用されるコショウ科の植物です。沖縄では、琉球料理の薬味として利用されています。このヒハツの果実に、ピペリンが含まれているんです。

ヒハツ由来ピペリンには、血管内で一酸化窒素(NO)の産生を促す力があります。この一酸化窒素は、血管を拡張する働きをもっています。

摂取したヒハツ由来ピペリンの力によって、一酸化窒素が増えて血管が拡張されれば、血流がスムーズになり、血圧の改善に一歩近づけるんです!

実際に行われた研究では、高血圧者がヒハツ由来ピペリンを12週間摂取したところ、摂取して1~2週間で血圧が改善したことが報告されています。

また、摂取をやめると、血圧が摂取前付近に戻ったことがわかりました。

このように、血圧が高めの方のタブレットに含まれるヒハツ由来ピペリンは、血圧の改善をサポートする頼もしい存在なんです。

また、消費者庁のホームページには、血圧が高めの方のタブレットのヒハツ由来ピペリンについて、以下のように載っています。

(2)当該製品の安全性に関する届出者の評価

 

以下の情報に基づき、本品は安全であると判断した。

ヒハツ由来ピペリンを摂取させた臨床試験(4週間の過剰摂取試験(本品の一日当たりの摂取目安量の3倍量)、12週間の長期摂取試験(本品の一日当たりの摂取目安量))において、ヒハツ由来ピペリンと因果関係が否定できない有害事象(副作用)の発現が認められなかったとの報告がある。

また、細菌及びラットを用いて実施した安全性試験の結果から、ヒハツ由来ピペリンには変異原性及び一般毒性は認められないと考えられた。

さらに、本品を用いて実施した4週間の過剰摂取試験(本品の一日当たりの摂取目安量の5倍量)において、副作用及び有害事象の発現は認められなかった。

一方で、既存のデータベースを検索した結果、医薬品との相互作用に関する報告は確認されなかった。

引用:消費者庁のホームページ(血圧が高めの方のタブレットに関する情報)

還元麦芽糖水飴

還元麦芽糖水飴とは、でんぷんから作られる糖アルコールです。この糖アルコールは、甘味料の一種で、おだやかな甘味があります。

還元麦芽糖水飴は、体内で消化吸収されにくいため、糖類よりもカロリーが低いんです。

さらに、虫歯になりにくいというメリットもあります。

結晶セルロース

結晶セルロースは、不溶性の食物繊維(炭水化物)の一種で、様々なサプリに含まれています。サプリなどを作るときに結晶セルロースを使うことで、栄養成分を変化させることなく、そのまま固めることができるんです。

また、結晶セルロースには体内のコレステロールに吸着し、排出を促す力があります。結晶セルロースを摂取して、この力を得ることができれば、ダイエット効果が期待できますね。

カルボキシメチルセルロースカルシウム

カルボキシメチルセルロースカルシウムとは、固形調味料などが溶けるのを促すために使用される添加物です。

カルボキシメチルセルロースカルシウムは添加物ですが、毒性などはないため、摂取しても摂りすぎなければ大丈夫です。

糊料として使用されますが、使用制限があります。

微粒酸化ケイ素

微粒酸化ケイ素(微粒二酸化ケイ素)は、湿気などの影響で、サプリの品質が変わってしまうことを防ぐために使用されます。

摂取した微粒酸化ケイ素は、体内に消化吸収されることなく、体外へ排出されます。

酸化ケイ素(シリカ)には、植物由来のものと鉱物由来のものがあります。

植物由来のものは安全ですが、海外のシリカ製品には、妊婦や子どもにとって危険な原材料が含まれているんです。

そのため厚生労働省により、微粒二酸化ケイ素は、母乳代替食品及び離乳食に使用してはならないと決められています。 

微粒二酸化ケイ素のような添加物ではないケイ素は、微量ミネラルであるため、じゃがいもなどの食品から補給する必要があります。

このケイ素は、微粒二酸化ケイ素とは別物です。

妊婦や子どもは、微粒二酸化ケイ素の摂取は控えましょう。

ステアリン酸カルシウム

ステアリン酸カルシウムとは、パーム油やヤシ油などが主原料の高級脂肪酸の一種です。主に、サプリの錠剤を形成するために用いられます。

ステアリン酸には、コレステロール値の低下を助ける働きや、血管を補強する働きがあるといわれています。

しかし、過剰に摂取してしまうと、悪玉コレステロールが血管内に溜まってしまう恐れがあるため、摂取量に注意することが大切です。

『血圧が高めの方のタブレット』には副作用のリスクはある?

血圧が高めの方のタブレットには、前項でご紹介したような成分が含まれています。添加物も含まれているので、副作用は起きないのか心配ですよね。

ここでは、血圧が高めの方のタブレットの副作用の有無や、摂取するときの注意点などをご紹介します。

血圧が高めの方のタブレットを健康維持のために取り入れたい方は、ぜひご参考にして安全に摂取してくださいね。

過剰摂取すると危険

血圧が高めの方のタブレットは、血圧の改善をサポートする作用がありますが、その作用はヒハツ由来ピペリンによるものです。

しかし、血圧を改善したいからといってヒハツ由来ピペリンを過剰摂取してしまうと、作用が強くでてしまい、頭痛や目の充血といった症状が起こる場合があります。

また、カルボキシメチルセルロースカルシウムは、使用制限が用いられている添加物でもあるため、過剰摂取は避けたほうが良いでしょう。

血圧が高めの方のタブレットだけではなく、サプリなどの健康食品は過剰摂取すると体に悪影響を与える恐れがあります。

ですので、血圧が高めの方のタブレットを摂取する際は、「1日1回1粒」という摂取目安量を必ず守りましょう!

他の薬やサプリとの飲み合わせに注意

血圧が高めの方のタブレットにも使用されているヒハツは、以下の薬との飲み合わせに注意する必要があるといわれています。

フェニトイン

フェニトインは、抗てんかん薬の一種です。日本では、「ヒダントール」「アレビアチン」という商品名で販売されています。

フェニトインを過剰摂取すると、副作用としてふらつきなどの症状が起こる場合があるんです。

テオフィリン

テオフィリン(商品名:テオドール)は、喘息や気管支炎などの症状が発生したときに、気道を拡げたり炎症を抑えたりしてくれます。

しかし、ヒハツと一緒に摂取すると、薬が効きすぎてしまい、頭痛や嘔吐などの症状が現れてしまう恐れがあるといわれています。

プロプラノロール

プロプラノロール(インデラル)は、不整脈や狭心症を治療するために使用される薬で、心臓の拍動を少なくする作用をもっています。

プロプラノロールを過剰に摂取して効果が強く現れると、めまいやふらつきなどの症状が現れる場合があるといわれているんです。

この3つの薬だけではなく、病気の治療のために何かしら薬を服用している方は、血圧が高めの方のタブレットの摂取を控えることが望ましいです。

また、自己判断で安易に併用するのではなく、必ず主治医に相談して指示に従ってくださいね。

薬だけではなく、「アルギニン」を含むサプリと併用するのは避けた方が良いです。

アルギニンには、ヒハツ由来ピペリンのように一酸化窒素の働きを高める力があります。

ですから、アルギニンを多く含むサプリと血圧が高めの方のタブレットを合わせて摂取すると、効果が強くでてしまって体に悪影響を及ぼす可能性があるんです。

また、他のサプリとの併用は、添加物の過剰摂取にも繋がる恐れがあります。

血圧が高めの方のタブレットを摂取している間は、安易に薬や他のサプリと飲み合わせることは控えましょう。

『血圧が高めの方のタブレット』を飲んではいけない人とは

以下の方は、血圧が高めの方のタブレットを安易に摂取しないように注意しましょう。

妊娠中、授乳中の方

乳幼児

病気の治療のため薬を服用中の方

血圧が高めの方のタブレットは、妊婦さんを対象想定した製造を行っていません。

また、血圧が高めの方のタブレットだけではなく、妊娠中や授乳中の方、乳幼児は健康食品の摂取は避けた方が良いです。

胎児や母乳を飲む赤ちゃんは、お母さんが摂取した栄養の影響を強く受けます。健康食品に設定されている摂取目安量は、大人を対象とした量です。

ですから、大人の摂取目安量と同じ量を胎児や乳幼児が摂取してしまうと、過剰摂取になる恐れがあるのです。

妊娠中や授乳中の方で、血圧が高めの方のタブレットをどうしても摂取したい方は、自己判断で安易に摂取せずに、必ず医師に相談してくださいね。

また、血圧の高めの方のタブレットは、大人を対象として製造されているため、未成年の方の摂取は避けましょう。

他の薬を飲んでいる方は、安易に飲み合わせることは控え、摂取する前に必ず医師に相談をしましょう。

血圧が高めの方のタブレットの安全性と副作用のまとめ

この記事のポイントをまとめると…

  • 血圧が高めの方のタブレットは、機能性表示食品だから安心
  • 大正製薬は、医薬品と同等の厳しい品質チェックを、健康食品にも行っているから信頼性が高い
  • 血圧が高めの方のタブレットの主な成分は、ヒハツ由来ピペリン
  • ヒハツ由来ピペリンの他に、複数の添加物が含まれている
  • ヒハツ由来ピペリンを過剰摂取すると、頭痛などの症状が起こる可能性がある。また、薬との飲みあわせに注意する必要がある
  • 妊娠中や授乳中の方、乳幼児の摂取は控えたほうがよい
  • 血圧が高めの方のタブレットは、摂取目安量を守って正しく摂取することが大切

このように、血圧が高めの方のタブレットは安全性が高い機能性表示食品ですが、摂取量を誤ってしまったり、他の薬と安易に飲みあわせたりすると、体に悪影響を与えて何らかの症状を引き起こす可能性があります。

1日1回1粒という量を守ることと、少しでも体に異変があればすぐに摂取をやめて、医師に相談をすることが大切です。

血圧が高めの方のタブレットを毎日正しく摂取して、理想的な血圧へと一歩近づきましょう!

更新日:

Copyright© 大正これしぼの口コミ&効果 最安値で中性脂肪とコレステロールが気になる方のタブレットを購入する方法 アフリカマンゴノキ成分の効能や副作用も解説! , 2020 AllRights Reserved.