大正ひとつぶの効果的な飲み方 いつ何で飲めばいいの? 飲み忘れた時の対処法は?

『血圧が高めの方のタブレット』は、血圧の改善と正常な血圧の維持をサポートしてくれるサプリメントです。このサプリメントに含まれている「ヒハツ由来ピペリン」には、血圧の改善に役立つ働きがあることが報告されているんです。

血圧を改善するために血圧が高めの方のタブレットを取り入れるなら、正しく摂取することが重要です。誤った方法で摂取してしまうと、かえって体に悪影響を与えてしまう可能性があります。

この記事では、血圧が高めの方のタブレットの正しい摂取方法や、健康食品を安全に利用するためのポイントをご紹介しますね。

安全かつ効果的に摂取して、理想的な血圧に近づきましょう!

血圧が高めの方のタブレットは何で飲めばいい?

血圧が高めの方のタブレットに含まれている成分の力を得るには、正しい飲み物で摂取することが大切です。

ここでは、血圧が高めの方のタブレットは何で摂取すると良いのか解説します。

水かお茶で飲もう

血圧が高めの方のタブレットは、水またはお湯で飲みましょう。この摂取方法は、血圧が高めの方のタブレットの公式サイトにも記載されています。

血圧が高めの方のタブレットに限らず、サプリメントを水やお湯以外のもので飲むと、成分の吸収が阻害されてしまう場合があるんです。特にタンニンを含むお茶や、カフェインを含むコーヒーでサプリメントを摂取してしまうと、効果を弱めてしまうといわれています。

また、アルコールと一緒に摂取してしまうと、急激に吸収されてすぐに排泄されてしまうため、望むような結果を得られにくくなってしまうんです。

ミネラルを含むスポーツ飲料水などでサプリメントを飲むと、成分の吸収を悪くしてしまう恐れがあります。

このように、水やお湯以外の飲み物でサプリメントを摂取してしまうと、成分の吸収や働きが邪魔されてしまう可能性があるんです。水なら、胃を適度に刺激して胃の運動を高めることができ、成分をスムーズに小腸へ移動させることができます。

血圧が高めの方のサプリメントをより効果的に摂取するためには、常温の水で飲みましょう。冷たい水ではなく常温の水で飲むことで、胃の働きを低下させずに、スムーズに分解と吸収ができるんです!

サプリメントを水なしで飲むのはやめよう

血圧が高めの方のタブレットの公式サイトに限らず、サプリメントを水なしで飲んでしまうと、食道にくっついしまう場合があります。

本来、サプリメントは口の中で水や唾液と混ざり、食道から胃へと運ばれます。しかし、水を口に入れずにサプリメントだけを飲み込むと、食道にくっつくだけではなく、胃の粘膜に刺激やダメージを与えてしまう場合があるんです。

また、誤って気管に入ってしまうと危険です。安全かつ効果的にサプリメントを摂取するためにも、必ず水やお湯で飲みましょう。

サプリメントは噛まずに飲もう

サプリメントに含まれている成分の力を十分に得るために、サプリメントは噛まずに水やお湯で飲みましょう。

血圧が高めの方のタブレットは、名前に「タブレット」という文字が入っていますが、お菓子のように噛んでしまうと、体内で成分が早く溶けてしまう可能性があります。成分が早く溶けてしまうと、期待される効果がでにくくなるんです。

錠剤タイプのサプリメントは、成分にとって最適な消化器官で吸収させるために、サプリが溶けるまで時間がかかるように作られています。ですから、錠剤タイプのサプリメントを噛んで食べてしまうと、成分が最適な消化器官で吸収されなくなり、望むような効果が得られにくくなるんです。

健康のために血圧が高めの方のタブレットを摂取するなら、サプリメントは噛まずに水やお湯で飲みましょう。

血圧が高めの方のタブレットの飲むタイミングは?いつ飲めばいい?

血圧が高めの方のタブレットを継続して摂取するには、毎日飲むタイミングを決めることが望ましいです。ここでは、血圧が高めの方のタブレットはいつ飲むと良いのか解説します!

好きなタイミングで飲んでOK!

血圧が高めの方のタブレットの摂取目安量は、1日1回1粒です。これは、1日の中の好きなタイミングで飲んで大丈夫なんです。

ですので、朝起きた後や夕食後など、ライフスタイルにあわせて飲みやすい時間に飲みましょう。

血圧が高めの方の中には、朝に血圧が上がりやすくなる方もいます。このような方は、血圧が高くなる時間帯の前に摂取することをおすすめします。

血圧が高めの方のタブレットを飲むタイミングを決めたら、なるべく毎日同じタイミングで飲みましょう。毎日同じタイミングで飲むことで、飲み忘れや過剰摂取を防ぐことができます。

血圧が高めの方のタブレットを飲み忘れた時はどうすればいい?

血圧が高めの方のタブレットを取り入れて血圧ケアを行うなら、毎日継続して摂取することが大切です。しかし、飲み忘れてしまったらどうしたらよいのでしょうか。

ここでは、血圧が高めの方のタブレットを飲み忘れたときの対処法を解説します。

サプリメントをまとめて飲むのはやめよう

血圧が高めの方のタブレットは、1日1回1粒飲むサプリメントです。ですので、当日中に飲み忘れに気づいた場合は、その日のうちにサプリメントを飲みましょう。

サプリメントを飲み忘れたとしても、大切なのは1日の摂取目安量を守ることです。ですので、前日や数日前の飲み忘れに気づいたときは、その分をまとめて摂取するのはやめましょう。

サプリメントを過剰摂取してしまうと、副作用が起こる恐れがあるんです。血圧が高めの方のタブレットに含まれている「ヒハツ由来ピペリン」を過剰摂取すると、頭痛目の充血などの症状がでる可能性があるといわれています。

ですから、サプリメントを飲み忘れてしまったとしても、過剰摂取はしないように注意しましょう。また、飲み忘れたときの対処を考えるよりも、飲み忘れを防ぐ工夫をすることが大切です。

血圧が高めの方のタブレットの飲み忘れを防ぐためには

血圧が高めの方のタブレットは、健康食品ですので即効性はありません。しかし、毎日継続して摂取することで、血圧の上昇の抑えて健康的な血圧へと一歩近づくことができるんです。

ここでは、血圧が高めの方のタブレットの飲み忘れを防ぐための方法をご紹介しますね。

毎日決まった時間に摂取する

血圧が高めの方のタブレットを毎日忘れずに飲むためには、いつも決まった時間に飲むと良いでしょう。

朝食後や夕食後など、食事の後に摂取することでより飲み忘れを防ぐことができるのでおすすめです。毎日バラバラのタイミングで飲んでしまうと、飲むのを忘れやすくなります。ですから、サプリメントを飲むタイミングを決めたら、なるべく毎日同じ時間に飲みましょう。

小分けしておく

血圧が高めの方のタブレットを3日分程度に小分けして、目につきやすい場所に置いておくことで、飲み忘れを防ぐことができます。また、小分けすることで、外出先にも持ち運びが楽にできるようになるんです。

袋にたくさん入っているサプリメントを小分けすることは手間がかかります。でも、先に小分けしておけば、飲むことを忘れにくくなるだけではなく、飲み忘れにも気づきやすくなります。

アラームなどを利用する

サプリメントを飲みたい時間にあわせてアラームをセットすることで、より飲み忘れを防ぐことができますよ。アラーム音が鳴るので、他のことに集中していてもサプリメントを飲むことを忘れにくくなります。

また、サプリメントの飲み忘れの防止に役立つアプリを利用するのも良いでしょう。

アプリによっては、サプリメントを飲むタイミングを知らせてくれる機能や、血圧などを記録できる機能がついています。こういったアプリを使用すれば、サプリメントの摂取や健康管理をより楽に続けることができますね。

そもそも健康食品は医薬品と何が違うの?

血圧が高めの方のタブレットなどのサプリメントは、薬ではなく「健康食品」です。サプリメントを安全かつ効果的に摂取するためには、健康食品と医薬品の違いを知ることが大切です。

ここでは、健康食品と医薬品の違いや、血圧が高めの方のタブレットのパッケージなどに表示されている「機能性表示食品」とはどんな意味なのか、詳しく解説します。

健康食品とは

健康食品とは、健康の保持増進に資する食品として販売されるものを指します。

健康食品は、病気の治療のために服用する薬とは違い、病気を予防や不足している栄養素を補うために利用されます。

健康食品は薬ではないため、即効性はありません。3カ月以上継続して摂取することで、体の機能を正常な状態に近づけることができます。

健康食品は健康維持に役立ちますが、あくまでも「食品」であるため、薬のように効果効能を記載することはできません。

健康食品の中には、国が定めた安全性や有効性に関する基準などを満たした「保健機能食品」があります。この保健機能食品には、以下の3つの種類があります。

・機能性表示食品

・栄養機能食品

・特定保健用食品

血圧が高めの方のタブレットは、機能性表示食品です。

『機能性表示食品』とは

機能性表示食品とは、特定の保健の目的が期待できるという、食品の機能性を表示することができる食品を指します。

この機能性表示食品は、販売前に科学的根拠に基づいた機能性や安全性に関する情報が、「消費者庁」に届けられています。しかし、特定保健用食品のように、消費者庁長官の個別の許可を受けているわけではありません。

機能性表示食品のパッケージには、届出番号が表示されています。消費者庁のホームページでは、この届出番号ごとに安全性や機能性の根拠に関する情報をチェックできるんです。

機能性表示食品の安全性や機能性は、科学的根拠に基づいているものです。ですので、一般的な健康食品と比べると、信頼性が高いといえます。品質管理のための体制も整えられているので、安心して摂取できますね。

健康食品を利用するときの注意点

血圧が高めの方のタブレットは、安全性と機能性が期待できる機能性表示食品ですが、安易に自己判断で利用すると、健康に悪影響を与えてしまう可能性があります。

ここでは、血圧が高めの方のタブレットなどの健康食品を摂取するときの注意点をお伝えします。

過剰に摂取しない

健康食品は、たくさん摂取すれば大きな効果が得られるというものではありません。健康食品に含まれている成分を過剰に摂取してしまうと、副作用が引き起こされる恐れがあるんです。

血圧が高めの方のタブレットには、血圧の改善に役立つ「ヒハツ由来ピペリン」が含まれています。ヒハツをたくさん摂取してしまうと、頭痛や目の充血などの症状が出る可能性があるんです。

ですので、血圧が高めの方のタブレットを摂取するときは、必ず1日1回1粒という摂取量を守りましょう!

薬と飲み合わせない

血圧が高めの方のタブレットに限らず、健康食品を薬と飲み合わせてしまうと、薬の作用を弱くしてしまったり、反対に強くしてしまったりする恐れがあります。

また、他の種類のサプリメントと安易に飲み合わせることも危険です。

他の薬やサプリメントを飲んでいる方は、安易に血圧が高めの方のタブレットを摂取しないように注意しましょう。

疾病の治療をしている方は医師に相談をする

疾病の治療のために薬を飲んでいる方は、血圧が高めの方のタブレットを自己判断で取り入れずに、必ず医師に相談をしましょう。自己判断で安易に健康食品を取り入れてしまうと、治療の効果に悪影響を与えてしまう可能性があります。

特に高血圧の治療をしている方は、血圧が高めの方のタブレットを安易に摂取せずに、医師に相談をして指示に従ってください。

また、健康食品は薬ではなくあくまでも食品ですので、薬の代わりにはなりません。疾病を治すためには、健康食品に頼るのではなく、必ず病院を受診しましょう。

妊娠中・授乳中は利用を控える

血圧が高めの方のタブレットは、妊娠中や授乳中の方を対象とした商品ではありません。

お腹の中にいる赤ちゃんや母乳を飲む乳児は、お母さんが摂取した栄養の影響を強く受けます。大人向けの健康食品に含まれている成分の量は、大人を対象として考えられた量ですので、赤ちゃんにとっては多すぎる場合があるんです。

ですので、妊娠中や授乳中方は、自己判断で血圧が高めの方のタブレットを摂取せず、血圧の高さが気になったときは病院を受診しましょう。

体調に異変を感じたらすぐに使用を中止する

血圧が高めの方のタブレットを摂取して体調に異変を感じたら、すぐに摂取を中止して医師に相談をしてください。

健康食品の効果を実感するためには、継続して摂取すること大切ですが、少しでも体調不良がおきた場合は、好転反応と考えずに速やかに使用を中止しましょう。

まとめ

ここで、この記事のポイントをおさらいしましょう。

  • 血圧が高めの方のタブレットは、噛まずに水かお湯で飲む
  • 血圧が高めの方のタブレットの摂取目安量は、1日1回1粒
  • 血圧が高めの方のタブレットは好きな時間に飲んでOK
  • 血圧が高めの方のタブレットを飲み忘れたとしても、まとめてたくさん摂取すると危険
  • 飲み忘れを防ぐためには、毎日決まった時間に飲んだり、小分けして保存したり、アラームを活用したりすると良い
  • 健康食品は薬とは違って、即効性はない
  • 血圧が高めの方のタブレットは、科学的根拠に基づいた機能を表示できる「機能性表示食品」
  • 血圧が高めの方のタブレットは、摂取目安量を守って正しく摂取しよう。
  • 少しでも体調に異変を感じたら、すぐに摂取を中止して医師に相談をしよう

このように、血圧が高めの方のタブレットを安全かつ効果的に摂取するためには、ポイントをおさえて正しく摂取することが大切です。

健康食品は健康維持のために摂取するもので、薬のように即効性があるわけではありません。ですので、たくさん摂取すれば早く効果がでるというものではないので、必ず摂取目安量を守って飲みましょう。

健康食品を利用して健康維持を叶えるためには、生活習慣の見直しも行いましょう。

栄養バランスの良い食生活や適度な運動を心がけた上で、血圧が高めの方のタブレットを取り入れることが望ましいです。

血圧が高めの方のタブレットを毎日正しく安全に摂取して、理想的な血圧に一歩近づきましょう!

更新日:

Copyright© 大正これしぼの口コミ&効果 最安値で中性脂肪とコレステロールが気になる方のタブレットを購入する方法 アフリカマンゴノキ成分の効能や副作用も解説! , 2020 AllRights Reserved.